忙しくて片付けができないなど、汚部屋になってしまう理由は様々ですが、部屋を片付けられない原因の一つとしてとして、メンタルの乱れや精神的な問題が挙げられます。今回は、汚部屋に住み続ける人の心理状態や、心身への影響などを調べてみました。

部屋が片付けられない心理状態

部屋を片付けられない人は、どのような心理状態が影響しているのでしょうか。忙しくて掃除をする時間がなかったり、単純に片付けをするのが面倒臭いという人もいますが、汚部屋と呼ばれるほどに部屋を汚してしまう人は、心理的な問題を抱えている場合があります。

部屋が片付けられない心理状態は、強いストレスを感じている場合や、孤独感を抱えている、自己肯定感が低いなど様々です。

以下では、片付けられない人に見られがちな心理状態についてご説明していきます。

男女とも心身が疲弊している

片付けられない人の中には、休日でも疲れから片付けをする気が起きず、部屋が散らかったままという人も少なくはありません。日々の生活や仕事でストレスを感じていると、心身ともに疲れやすく、部屋を片付ける気力や余裕がなくなってしまうのです。

しかし、疲れたからといって片付けをせずに汚部屋にいると、より一層ストレスを感じて疲弊してしまうという悪循環が生じてしまいます。

また、最近では女性も男性同様に仕事でのストレスを抱えている人が多く、『片付けられない女』という言葉を耳にすることが増えました。会社ではきちんとメイクをして、しっかり働いている女性の部屋が、実は汚部屋だったというケースも珍しくありません。

孤独感がある

片付けられない人の中には、常に孤独感がある人も多いようです。誰とも話さず、人が全く部屋に来ることがないという人は注意が必要でしょう。

一般的に、恋人や友人が家に来ることが多いと、相手に失礼がないように部屋は常にきれいにしておこうと思うものです。しかし、人が部屋に来ることが少ないと、自分しかいないので片付けが最低限になったり、掃除を疎かにしてしまうようになります。

また、孤独感から精神的に落ち込んでしまい、それが原因で掃除や片付けをする気が起こらなくなってしまうことも少なくはありません。

自己肯定感が低い

どうして自分は片付けができないのだろうと悩んだり、片付けられない自分を責めてしまう人は、自己嫌悪からネガティブな心理状態に陥ってしまう場合があります。

自己肯定感が低いと「自分なんて、一生汚部屋で過ごせばいいんだ」と、どんどんマイナス思考になってしまい、余計に片付けができなくなってしまうのです。

汚部屋で暮らすことによるメンタルの悪循環

部屋が汚いまま汚部屋の状態が続くと、精神的に落ち込んでしまい、さらに片付けられなくなるという悪循環に陥ってしまう人もいます。

きれいな部屋で過ごすと心身ともにリラックスできますが、汚部屋に住んでいる人は家に帰ってからも心が休まらないため、強いストレスを感じてしまうのです。

以下では、汚部屋で暮らすことによってメンタルの悪循環に陥ってしまう原因をご紹介します。

ストレスが溜まる

散らかっている汚い部屋で過ごしていると、自分では気にしていないつもりでいても、実際には強いストレスを感じています。ストレスが溜まっていくと疲れやすくなり、疲れから気力が衰えてしまうため、片付けることができなくなるのです。ストレスが溜まることにより部屋がより汚くなってしまうといった、負のスパイラルに陥ってしまう場合が考えられるでしょう。

ストレスが原因で片付けができない場合は、気が付いた時に数分でもいいので、身の回りの整理整頓や、目についたゴミを捨てる作業を行ってみましょう。部屋が片付くことでストレスが減少し、負のスパイラルから抜け出せる可能性があります。

気持ちが落ち込む

部屋が汚いと「自分はだらしない人間なんだ」と思いこんで、気持ちが落ち込み、片付けることができなくなってしまう場合もあります。気持ちが暗いままではモチベーションも上がらず、片付けが進まないのはもちろん、部屋が汚いことで更に無力感を感じてしまうのです。

気持ちが落ち込んでいる時は、無理せず自分のできる限りの片付けをすると良いでしょう。まずは、部屋にある、明らかに不要なものを捨てるのがおすすめです。物を捨てることで精神的にもすっきりするので、わかりやすい目につくものから捨ててみましょう。

片付けられない自分への嫌悪感が高まる

真面目な性格の人に多いのが、「やらなければいけないことができていない、簡単な片付けもできない自分はダメな人間だ」と自分を責めてしまうケースです。
片付けられない自分への嫌悪感が高まり、余計にストレスが溜まってしまいます。ストレスが溜まることで、やる気をなくしてしまい、気力が奪われてしまって部屋を片付けられなくなるという悪循環が生じるのです。

こういったケースでは、無理のないように少しずつ片付けをして、目に見える成果を出すことが重要だと言われています。

汚部屋は健康へも悪影響

部屋が片付けられないことは心理的にだけではなく、健康への被害も多いと言われています。汚部屋は見た目の印象が悪いだけではなく、アレルギーや感染症などのリスクが増加してしまう原因でもあるのです。
今までそういった症状が出たことがない人でも、不衛生な環境にいることで発症することがあるので注意しましょう。

ハウスダストによるアレルギー症状

ハウスダストには、ほこりやダニの死骸、食べカスなどが含まれています。ほこりが舞いやすい汚部屋では、ハウスダストを吸い込むことでアレルギー性鼻炎や喘息を引き起こす場合があるため注意が必要です。

特に小さい子どもや高齢者がいる場合は、ハウスダストが原因で重篤な症状を引き起こす恐れがあります。こまめにゴミを捨てたり、カビの掃除をするなど、しっかりとハウスダスト対策をしましょう。

害虫による感染症

ゴキブリや小バエなどの害虫は、薄暗く生暖かい場所を好むため、汚部屋は害虫にとって住みつきやすい快適な環境と言えるでしょう。汚部屋のような不衛生な環境は、害虫の死骸が空気中に舞い、それを吸い込むことでアレルギーや喘息になってしまうこともあるのです。

また、食中毒など感染症の原因にもなりやすいので、部屋に害虫がいる場合はできるだけ早く駆除したほうが良いでしょう。

片付けられないのは病気のせいかも

片付けようと思っているのに全く進まなかったり、どうしても掃除ができないという場合、ADHDや発達障害などが原因となっていることがあります。発達障害などが原因で片付けられないのかもしれないと悩んでいる人は、専門の医療機関などに相談してみると良いでしょう。

以下では、片付けられない原因として考えられる症状についてご紹介します。

ADHDや発達障害

ADHDや発達障害は不注意・多動性・衝動性といった3つの特性に分けられ、個人差はありますが、片付けを苦手だと感じる人が多いのが特徴です。物を見つけられないというケースもあるため、より一層部屋が散らかりやすくなってしまうとも言われています。

また、こうした症状から自己嫌悪に陥ってしまい、余計に片付けができなくなって、日常生活にも影響が出てしまうのです。

心理学的な研究テーマになっている

片付けられない人の心理状態というのは、心理学的な研究テーマとしても扱われています。物を溜め込んで、汚部屋やゴミ屋敷のような状態にまでしてしまう場合は、『強迫的ホーディング状態』という状況にあるそうです。
こういった症状に関しては、しっかりと治療の計画を立てて、問題と向き合う必要性があります。

溜め込み障害

特に必要のないものを過剰に集め、それを整理したり捨てることができない人は『溜め込み障害』である可能性が考えられます。
溜め込み障害を持ち、強迫的ホーディング状態にある人は、汚部屋で過ごすことで心身ともに著しくストレスを受けているのです。片付けられず強いストレスを感じている場合は、周囲に相談するか、専門の医療機関を受診してみるといいでしょう。

まとめ

汚部屋になってしまう原因は、忙しさや片付けをする時間がないといったことだけではなく、メンタルの乱れや精神的な問題が原因となる場合があります。

汚部屋は一気に片付けようとせずに、まずは身の回りにあるものや、部屋の一部分から片付けを始めるのがおすすめです。物が多いと部屋は散らかっているように見えてしまうので、まずは不要なものを捨てるから始めてみてはいかがでしょうか。