部屋が汚部屋化してしまった場合、自力できれいに片付けるのはかなりの気力と体力が必要になります。どうしても自分で片付けられないという時は、専門の汚部屋掃除業者に依頼してみましょう。今回は、汚部屋掃除業者の上手な選び方についてご紹介します。


汚部屋掃除を業者に依頼

大量の物やごみで散らかった汚部屋を自力で片付けるのは、とても困難なことです。自分の力で汚部屋を脱出することが難しい場合は、専門の掃除業者に依頼してみるのがおすすめです。

汚部屋掃除は自分でも可能ですが、足の踏み場もないような汚部屋を片付けるには、相当な時間や体力がいります。途中で挫折して、汚部屋化が悪化してしまう恐れもあるため、プロの業者の力を借りるのも一つの手段として検討してみましょう。

業者を利用するメリット

汚部屋掃除業者に依頼するメリットは、『時間がかからない』こと、『近所の人に知られずに片付けられる』、そして何よりも『労力がかからない』という部分が大きいでしょう。

汚部屋を片付けるには、ごみ捨てや不用品の処分、買取り、収納、部屋の清掃など様々な工程が必要です。プロの業者に任せれば、これらの何日もかかる片付けや掃除の時間を短縮できますし、一人では難しい粗大ごみや大型家具の処分も行ってくれます。

また、プロの業者であればプライバシー保護を徹底していますし、できるだけ近所に知られないよう清掃して貰えるでしょう。誰かに汚部屋を見られたり、近所の人に知られるのが恥ずかしいという場合も安心して依頼できます。女性スタッフがいる業者などもあるので、やはり女性に任せたいという方も安心です。

デメリットはお金がかかること

業者に汚部屋の片付けを依頼する上で、一番気がかりなのが費用に関することではないでしょうか。費用がかかるという点は、汚部屋掃除を業者に依頼する際の一番のデメリットです。自分の力で片付けをすれば費用はかからないため、お金を出してまで業者に依頼するのは躊躇してしまうという人もいるでしょう。

しかし、個人では解決できない程の汚部屋は、プロに任せた方が簡単で早く片付きます。お金はかかりますが、その分確実に汚部屋を脱出できるでしょう。
しっかりと見積りを取り、費用をなるべく抑えて、業者にすべて任せてしまうのがおすすめです。

業者に依頼して片付けする流れ

汚部屋掃除業者に片付けを依頼する場合は、まず相見積もりを取って、信頼できる業者を選ぶところから始まります。出来るだけ費用を抑えるだけではなく、担当者の対応やサービスの内容など、しっかりチェックして比較してみましょう。

安心して汚部屋掃除を任せられる業者を選ぶためには、実績や資格を確認し、どんな業者なのかしっかり把握するようにしてください。

複数の業者から相見積りを取ろう

汚部屋掃除を依頼する業者を選ぶときは、複数の業者に相見積りを取るようにしましょう。相見積りというのは、いくつかの業者に見積りを取り、より良い条件で掃除をしてもらえるのはどこか比較することです。

費用だけではなく、実際の業者の対応や信頼できるかどうかもわかるため、必ず相見積りを取るようにしましょう。

必要な資格や許可を持っているか確認

汚部屋掃除業者を選ぶポイントとして、必要な資格や許可を持っているかどうかというのも重要です。
業者のホームページなどに表記されているか、直接問い合わせをして、資格などを確認しておくと良いでしょう。

掃除業者には、一般ごみの収集許可である『一般廃棄物収集運搬業許可』や、事業ごみの収集を許可するための『産業廃棄物収集運搬業許可』などの許可が必要です。

ごみを一時的に保管しておく『廃棄物保管許可』や、掃除で出た古物を売買するときに必要な『古物商許可』などもあります。
これらの許可を持つ安心して依頼できる業者を選ぶようにしましょう。

また、『家電リサイクル券取扱店舗登録』または『RKCの加盟』という、家電を引き取るのに必要な登録もあると安心です。その他にも遺品整理のプロである遺品整理士や、収納や片付けのアドバイスをしてくれる整理収納アドバイザーといった民間資格をもつスタッフがいる業者も良いでしょう。

HPやブログで実態や信頼性をチェック

業者を選ぶときは、ホームページやブログなど、業者の運営しているサイトを確認しておくと、ある程度の実態が分かります。その業者が本当に信頼できる業者なのか、作業の際に配慮してほしい事をしっかりと守ってくれるかなど、費用面だけではない部分もチェックしましょう。

あまりにも安すぎる、高すぎる業者などは避けた方が賢明です。

業者に依頼する際の疑問

汚部屋掃除業者に依頼をしようと思ったときは、解体作業に関しての疑問や、費用に関しての疑問が出てくるでしょう。

費用の内訳についてや、片付けを手伝う必要があるのかなど、利用する上で分からない事はあらかじめチェックしておくとスムーズに依頼ができます。

料金はどれぐらいかかる?

汚部屋の片付けを業者に依頼した時、一番気になるのが「どれくらい費用がかかるのか?」という事ではないでしょうか。見積り後に追加費用があるかどうかも気になるところです。

基本的に、お部屋の掃除業者に依頼した時の料金は、部屋の散らかり具合やごみの量、部屋の広さによって決まります。

業者を選ぶ際は、まずは見積りでどれくらいの料金がかかるのかを把握しておくと良いでしょう。更に現地見積りも行い、追加料金の有無などは直接業者に問い合わせすることをおすすめします。

業者が来るまでにやることは?

基本的に、掃除や片付けは業者に任せっきりで大丈夫ですが、少しでも料金を安く抑えたい場合、ごみなどはあらかじめ自分で処分しておいた方が良いでしょう。

粗大ごみなどは、自分で自治体に持ち込み処分しておくと、費用を抑えることができます。

片付けは手伝わなきゃいけない?

汚部屋掃除を業者に依頼したとき、「自分も片付けを手伝わなくてはいけないの?」と不安になる方も少なくありません。しかし、基本的に汚部屋の掃除を業者に頼んだ場合、依頼者は手を出さなくていいというケースがほとんどです。

不用品の仕分けで、いる物と捨てる物を確認する選別作業だけは手伝う事が多いですが、片付けや掃除の作業自体はやる必要はありません。

中には、素人が手伝ってしまうとかえって時間がかかったり、作業の邪魔になったりしてしまうため、依頼者の手伝いを断る業者もあります。汚部屋を片付ける体力や気力がなくても、業者に全て任せてしまえば大丈夫でしょう。

二度と汚部屋に戻らないことが重要

汚部屋掃除を業者に依頼して片付いたとしても、きれいな部屋をキープ出来なくてはまた汚部屋化してしまいます。それどころか、再び汚部屋にリバウンドしてしまうと、前以上の汚部屋になってしまう恐れもあるので注意しましょう。

せっかくお金を払ってまできれいに片付けた部屋ですから、二度と汚部屋に戻らないように、日頃から部屋を散らかさないよう心がけて下さい。

こまめに掃除をする

きれいな部屋をキープするには、こまめに掃除をする習慣をつけることが大切です。物を使い終わったら元合った場所に戻す、気が付いた時にすぐごみをまとめて捨てる、掃除機かけることを日課にするなど、掃除の習慣を身につけましょう。

日頃から1日数分でも整理整頓や掃除をするだけで、部屋は美しい状態を保てます。

不要な物は捨てる、物を増やさない

汚部屋化してしまう原因の一つに、何でもかんでも物を溜め込んでしまい、部屋に物が増えすぎてしまうことが挙げられます。きれいな部屋をキープするには、不要なものは捨て、本当に大切な物や必要な物だけを身の回りに置くようにしましょう。

また、新しい物を購入したら古い物は処分するなど、物を増やさないようなルールを作るのも大切なポイントです。

まとめ

自分ではどうしても片付けられないという人や、手を付けられないほどの汚部屋になってしまった場合は、悩まず専門の汚部屋掃除業者に相談してみるのがおすすめです。

相見積もりを取って信頼できる業者を選び、一度で汚部屋をきれいに片付けてもらいましょう。そして、汚部屋を脱出出来たら二度と元の状態に戻らないように、こまめに掃除を行い、綺麗な部屋をキープできるようにしてください。