遺品整理は自力でもできますが、不注意に行うと他の相続人とトラブルになる可能性があります。遺品整理で注意したい点や、遺品整理を効率よく行うポイントを紹介します。ほかの遺族との連絡を密に取り、故人の遺品を適切に処分しましょう。


遺品整理とは

家族が亡くなった際、故人の持ち物は適切に処分・保管されねばなりません。こうした作業は『遺品整理』と言われますが、どのようなことが遺品整理に含まれるのか確認してみましょう。

故人の残した物を処分すること

遺品整理とは故人の残した物を処分することですが、単なるゴミの分別ではありません。故人の思いが深い物はきちんと供養するなど、故人の思いを尊重して行われるべき作業です。

心を込めて遺品整理をし、故人の気持ちと向き合うことで、残された遺族も心の整理ができます。遺品整理を行うことは、悲しみを抱える遺族の気持ちを切り替え、前向きにさせるという効果もあるのです。

遺産分割や形見分け、不用品の整理を行う

遺品整理では、遺産については相続人で取り分を分割する、思い出の品については親しい人の間で形見分けする、不用品は適切に処分するなど、故人のあらゆる物に行先を決めねばなりません。

『遺産』の場合は有価証券や貯金通帳など財産価値のあるもののみを指しますが、遺品の場合は故人の持ち物全てを含みます。遺産はもちろん、価値の無い日記やメモ、残された食品などについてまで、「どう処分すべきか」を適切に判断する必要があります。

賃貸ならば物件の明け渡しも必要

故人が賃貸物件に住んでいた場合、住まいは原状回復したのち明け渡さなければなりません。ただし、明け渡しの際気を付けたいのが物件付帯設備の確認です。

故人が使っていたエアコンや照明器具、通信設備等は物件備え付けのものかもしれません。むやみに撤去するとトラブルのもととなるので、遺品整理を行う前に『どれが故人のものか』を確認しておく必要があります。不明な点は管理会社や大家に確認し、了承を得たうえで原状回復に取り掛かりましょう。

遺品整理を自力で行う注意点

遺品整理は、慎重に行わないと後々相続トラブルに発展するおそれがあります。また、整理には時間がかかるため、効率を考えたやり方で取り組む必要もあるでしょう。遺品整理を自力で行う際はどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

時間と労力がかかる

故人と交流が深く、物の在処や財産についてある程度理解しているなら別ですが、そうでない場合は遺品の全てを徹底的に調べる必要があります。

ゴミが多ければまとめたり運んだりする手間がかかりますし、売却するものがあるなら業者とコンタクトをとらねばなりません。遺品ごとに扱いが異なるため、全てが片付くまでには相応の時間がかかるでしょう。

遺言や遺産相続に関わることを確認する

遺品整理では、故人が遺言を残していないかを確認する必要がありますが、この時注意したいのが、日記やメモ帳に走り書きまできちんとチェックすることです。

遺言はきちんとした形で保管されているとは限りません。走り書きで残されている可能性もあるので、あらゆる場所を探す必要があります。実際に遺言が見つかった場合は、法的効力の有無について、速やかに弁護士に相談しましょう。

また、マイナスの遺産に関する調査も重要です。近年はネット証券を利用して株取引を行う人も増えており、そちらで大きな損失を抱えていたケースも散見されます。パソコンの履歴やフォルダも残さずチェックしましょう。

万が一大きな損失が見つかった場合は、相続放棄も検討する必要があります。ただし放棄は3カ月以内という期限があるため、早めの行動をおすすめします。

他の相続人の合意を取って進めよう

相続人が複数存在する場合は、遺品整理に取り掛かる前に合意を得ておきましょう。他の相続人の合意がないままに遺品の処分を進めると、あとあと相続トラブルに発展するかもしれません。

また、遺品整理する旨の了承を得た後でも、遺品の廃棄や仕分けについては、他の相続人に周知します。遺品整理の過程をクリアにしておくとトラブル回避につながるうえ、他の相続人との関係も良好に保てるでしょう。

遺品整理の流れ

自力で遺品整理を行う場合、手順と効率を考慮して行いましょう。遺品整理をスムーズに行う際に重要なポイントを紹介します。

残された物を把握し、分類

遺品整理を始める際は、残された物全てについて把握し、処分方法ごとに分類する必要があります。

作業に取り掛かる前にダンボールを用意し、それぞれに『保管』『売却』『譲る』『処分』などと記しましょう。
通帳などの大切な物は保管の箱に、明らかなゴミは処分の箱にと分類していきます。処分方法ごとに物を入れておけば混同する心配はなく、スムーズに遺品整理が進むでしょう。

こうして作業を進めていくと、中には処分を迷う物もあるかもしれません。そのような場合は『保留』『確認』などの箱を作り、あとでまとめて判断するようにします。

大量の遺品を要領よく整理するにはスピード感が重要です。迷う度に手を止めずに済むよう、一旦保留するのがベターです。

必要な物は保管や形見分けを行う

貯金通帳や証券など遺産に関わる物は相続財産となるため、きちんと保管しておかなければなりません。また、故人の思い出深い物は、『形見分け』として友人や親族に配るとよいでしょう。

ただし、形見分けにはあまり高価な物を残してはいけません。高額なブランド品や美術品などは相続財産としてみなされるおそれがあります。もしも裁判所や税務署に見つかった場合は『所得の隠蔽』とみなされる可能性があるため、注意しましょう。

時価60万円以上の価値ある物を受け取った場合は贈与税が発生します。余計なトラブルを招かないよう、形見分けは価値の無い物、低い物を選ぶようにしなければなりません。

不要な物を処分

遺品を整理していれば、価値がなく売却もできない不用品も大量に出てきます。こうした不用品は家庭ごみとして扱われるため、『家庭系一般廃棄物』としてゴミ回収日にまとめて処分しましょう。

ただし、ゴミの量が多量だったり、大きすぎて対応できなかったりする場合は、ゴミの回収を業者に依頼する方法もあります。

家庭ゴミを処分場まで運搬できる『一般廃棄物運搬収集運搬業許可』を持つ業者なら、不用品のほとんどを引き受けてくれるはずです。不要な物が場所を取ると遺品整理作業が滞ってしまうため、速やかに処分することをおすすめします。

業者への依頼も検討

故人の家が遠方だったり遺品整理にかかる時間が無かったりする場合は、遺品整理そのものを専門業者に依頼することを検討しましょう。

遺品整理専門の業者に任せると、どんなメリットがあるのでしょうか。

ゴミの処分や清掃を一括で依頼できる

遺品整理を専門業者に任せると、遺品の整理と不用品の処分だけではなく、部屋の清掃まで一気に取り掛かってもらえます。

自力での遺品整理では遺品の分別に時間がかかるうえ、粗大ゴミなどの処分は困難です。片付けるうちに故人との思い出が蘇り、作業そのものを辛く感じることもあるでしょう。

その点プロに依頼すれば、思い出に手が止まったり粗大ゴミを扱いあぐねたりする心配は無用です。実績豊富でプロのノウハウを持つ業者に依頼できれば、自力で行うよりずっと早く遺品整理は終了するでしょう。

遠方からの依頼も可能

社会の高齢化や核家族化に伴い、他の県や遠方に世帯を持ちながら、親の遺品整理を迫られる人が増加中です。遺品整理専門業者はこうした現状を踏まえ、ほとんどの会社が『立会人不要』の遺品整理サービスを行っています。

ただし遠方から業者に依頼する際は、メールや電話、時には郵便でこまめに連絡を取らねばなりません。作業で注意してもらいたい点、探して欲しい物、捨てずに保管しておいてもらいたい物などがあれば、事前にきちんと伝え、トラブルを防ぎましょう。

まとめ

遺品整理は自力でもできますが、方法や手順に注意しないと、後々トラブルになる可能性があります。遺品整理には必ず他の相続人の同意を得て、勝手なふるまいをしないことが重要です。

また、遺品整理にはゴミの処分や清掃も含まれます。時間や体力・気力が無い場合は、専門業者に任せるとスムーズでしょう。遺品整理に期限はありませんが、相続関係の手続きには期限があります。遺品整理がトラブルの原因とならないよう、慎重に行うようにしましょう。