遺品整理の概要や、実際に行うときの流れをまとめました。遺品整理前に確認しておかなければならないことや、整理の方法、不要物の処分方法なども紹介しています。また、孤独死の際に必要となる処理や、遺品をリサイクルに出す方法についても見てみましょう。


遺品整理とは

遺品整理は、主に故人の身の回りの品を整理し、相続人で分割・処分することです。

亡くなった人の遺品は、そのまま放置しておけません。独り住まいでは空き家となり、急いで作業が必要でなくても、置いたままでは管理が行き届かずに荒れてしまうでしょう。

また、賃貸物件や売却予定の家の場合、早めに遺品整理が必要です。

故人の身の回りの品の整理

家の中には身の回りの品がたくさんあるでしょう。亡くなった人が使っていた生活用品や趣味の品は、相続の際に整理されます。

同居している人がいるなら使い続けられる物もありますが、一人暮らしの場合は処分する物も多いでしょう。また、生活用品以外にも貴重品や、遺産なども遺品整理の対象です。

貴重品と処分する物を仕分けておき、遺産の総額を確認するようにしましょう。

資産や形見の他、不要物の処分を行う

故人が保有していた資産や形見の品を分け、不要物やゴミは処分する必要もあります。

よほど広い敷地があるならともかく、使っていた人が亡くなっている以上、誰も使わない物を残しておく必要はありませんので、これを機に大幅に処分することも検討しましょう。

相続人は残す物と捨てる物を区別し、遺産などの確認もしなければなりません。処分する場合は自治体や業者に依頼して、手続きや準備も済ませましょう。

遺品整理開始前に確認しよう

遺品整理を始める前に、必ず遺言があるかどうか調べておきましょう。遺言は遺品整理のときに役立ちます。

誰に何を渡すか、故人の遺志が分かっているなら原則その通りに手続きができます。また、遺言がなくても、複数人で相続する場合は、他の相続人の意思を確認します。

遺言の有無と内容

遺言がある場合、故人の遺志が優先されます。必ず遺言のとおりになるとは限りませんが、何らかの遺志を記した物を残している可能性もありますので、先に確認しましょう。

内容によっては、通常の相続とはやり方が変わります。たとえば故人が特定の人に多くの遺産を残すと決めていたなら、遺品整理の際にも考慮する必要が生じます。

まずは、亡くなった人が残した貴重品や書類の中から遺言を探しましょう。専門家に預けてあるケースもあります。故人の利用していたネットなどのサービスも確認しておきましょう。

他の相続人の意思確認

他の相続人がいるときは、処分や遺品整理について相談しておきましょう。相手が相続放棄を考えているなら遺品整理にかかわってもらう必要はありませんが、相続人として遺産を受け取るつもりなら配慮が必要です。

きちんと意思の疎通をはかっておかなければ、後からトラブルに繋がります。何に価値を見出すかは個人の考え方によって異なり、慎重に考えましょう。トラブルを防ぎたいなら、必ず全員の意思を確認しておくのがスマートでしょう。

相続放棄をしたい場合、遺品整理は厳禁

亡くなった人に借金がある場合や、遺産相続にかかわりたくない場合、遺品整理にも手を出してはいけません。ちょっとした遺品を受け取ったことで、相続放棄ができなくなる可能性があります。

他に相続人がいるなら、その人にすべて任せましょう。誰もいない場合でも、まずは相続放棄の手続きを終わらせてから、不要物の処分や維持管理のために取り掛かることが大切です。

遺産を受け取る意志があるとみなされないよう、専門家と相談しながら作業を進めるよう注意しましょう。

遺品整理の方法

遺品整理は、自力で行う方法と業者に依頼する方法があります。自力で行うと一般的に時間がかかり、故人が暮らしていた家が遠方にある場合は費用がかさみます。

家が広いときや遺品が多く処理しきれないときは、業者の力を借りることもおすすめです。

自力で行う

自力で遺品整理をするなら、まずは残したい物とそうでないものを分けましょう。相続人が複数いるときは、事前に全員の意思確認も大切です。貴重品や遺産関係の物は、捨てないように気をつけます。仕分けが終われば、次に不要物を処分しましょう。

大型の物は粗大ごみとして自治体に収集を依頼します。回収日は決まっているため、その日に合わせて捨てなければいけません。なお、自治体の粗大ゴミ回収は、あらかじめ予約が必要です。地域の窓口に連絡し、手続きをしておきましょう。

持ち運べる物は、直接回収場所に持ち込むこともできます。時間があればこちらもおすすめです。

いらない物の処分が終わったら、部屋を清掃して完了です。

専門業者へ依頼

時間がと取れないときや自分で遺品整理が難しいときは、専門業者に依頼も検討しましょう。業者によって対応している業務が異なるため、都合に合わせた会社選びも重要です。

ゴミ処分や不用品買い取りも同時に行ってくれるところなら、他の業者を別々に手配する手間も省けます。

遺品整理業者は、広い部屋でも短時間で仕分けや処分をしてくれることが魅力です。整理だけでなく、清掃も合わせて頼めるので、手間がかかりません。

孤独死の場合、特殊清掃が必要になる

孤独死で発見が遅れた場合、遺体があった場所が汚れてしまいます。再び部屋が使える状態に復帰させることを希望するなら、状況によって特殊清掃ができる業者を選びましょう。

状態がひどい場合は、遺品整理のために部屋に入ることも難しいでしょう。特殊清掃は汚れてしまった家具や遺品の処分をはじめ、ニオイがしみついた場所の消毒・殺菌も行ってくれます。自分では対処できない状態であれば、専門の遺品整理業者に特殊清掃を任せることをおすすめします。

遺品の処分方法

遺品は捨てるだけでなく、リサイクルショップなどに買い取ってもらうこともできます。

遺品だからと特別なことをする必要はありませんが、買い取りできるものがあれば積極的に利用して、処分費用をまかないましょう。

ブランド物、宝飾品など価値がある物

遺品の中にはブランド品や宝飾品など、価値が高い物も含まれている可能性があります。

亡くなった人の趣味や資産状況によっても異なりますが、売却できる物があるならリサイクルショップや質屋に買い取ってもらうことも検討しましょう。遺品整理業者が買い取りをしてくれることも多いため、まとめて依頼したい人も気軽に利用できます。

価値のあるものをそのまま捨ててしまうより、誰かに使ってもらうほうが気分的にもよいのではないでしょうか。処分費用もかからず、遺品整理にかかるお金を減らしたいときにもおすすめです。

日用品や家財道具はゴミとして処分

亡くなった人が使っていたもので、相続人が使わない日用品や家財道具はゴミとして処分しましょう。

大きな家財は粗大ゴミ扱いです。自治体の回収に出す他に、ゴミ処分業者や遺品整理業者に任せることもできます。

故人が使っていた家具や寝具、家電製品などは使用感もあり、形見として受け取る以外捨てることがほとんどです。ゴミの量も多くなり、自分で運び出すのが大変なときは業者に任せたほうがスムーズに処分できます。

まとめ

遺品整理は、主に故人の使っていた物を整理することですが、部屋の清掃や相続も関係してきます。賃貸物件や家の売却を考えているなら、家の明け渡し期日もかかわってくるでしょう。

流れとしては、整理を始める前の確認作業、実際の遺品整理作業、ゴミの処分、部屋の清掃の順に行います。特に荷物が多いときや、価値のある物品が多いときは遺品の仕分けを含め、業者に手伝ってもらうほうがスムーズです。

都合に合わせて、自力で整理するか業者に頼むか検討しましょう。