遺品整理の専門業者の中には、悪質な業者もいます。依頼後に面倒なトラブルが発生しないよう、業者選びは慎重に行わなければなりません。遺品整理で業者に依頼するメリットと、業者の質を見極めるためのポイントを紹介します。


遺品整理とは何をすること?

家族が亡くなった後は、残された物を適切に整理・処分しなければなりません。こうした作業を遺品整理と言いますが、残された物が多いほど時間も手間もかかります。

遺品整理では、具体的にどんなことをしなければならないのでしょうか。

故人の形見や遺産、身の回りの物の整理

遺品整理では、まず故人の全ての持ち物をおおまかに『遺産相続の対象となる物』『財産としての価値が無い物』に分けなければなりません。遺産となる物に関しては財産分割の対象となりますが、そうでない物については形見として保管したり不用品として処分したりなどそれぞれの扱い方を決め、整理していく必要があります。

このように遺品とは有価値・無価値に関係なく『全ての身の回り品』です。残された物が多いほど、整理や処分にかかる時間や労力は増えてしまうでしょう。

家財道具の処分

故人の持つ家財道具については、売れそうな物は引き取ってもらい、そうでない物は廃棄処分してしまわねばなりません。タンスやテーブルなどの大物家具については自力での搬出が難しいため、業者に依頼するのがベターでしょう。

家財道具の処分は、リサイクル業者を探したり、物をまとめて持ち込んだりと手間と時間がかかります。この場合、故人の住まいが持ち家ならよいですが、賃貸物件の場合は退去期限に間に合わせる必要があります。管理会社や大家から速やかな退去を求められれば、遺品整理を急がねばならないでしょう。

遺品整理業者を利用するメリット

近年は遺品の整理を専門に行う業者が増えており、利用者も増加しています。遺品の整理を専門の業者に依頼するメリットとは何なのでしょうか。

短時間で片付けを終えることができる

遺品整理業者は、遺品の分別からリサイクル品・ゴミの処分、清掃までを一手に引き受けてくれます。こうした一連の作業を自力で行うと、時間も手間もかかりますが、プロの業者ならスムーズです。遺品の量に合わせて人員を派遣したり、作業効率を考えた片付けを実施してくれたりするため、遺品整理が短時間で終わります。

また、家族の物に向き合えば、思い出や悲しみで手が止まりがちになるかもしれません。プロの業者に依頼すれば、辛く悲しい作業を無理に行う必要はないのです。

通常の清掃の他、特殊清掃の依頼が可能

遺品整理専門の業者に依頼した方がよいケースとしては、家族が孤独死した場合です。遺体の発見までに数日間を要した場合、遺体そのものだけではなく部屋にまで損傷が及んでいると考えられます。

部屋にこびりついた死臭やシミ等は、通常の清掃では落とすことができないため、原状回復には、プロが持つ特殊な機材や薬剤が必要になるでしょう。

遺品整理専門の業者の多くは、遺品の片付けだけではなくこうした特殊清掃にも対応してくれます。ただし料金は別に請求されることが多いため、事前の確認が必要です。

トラブルも増加中

遺品整理専門業者の需要が高まる中、悪質な業者による被害も数多く報告されています。悪質な業者にありがちなトラブルを見てみましょう。

高額な請求

悪質な遺品整理業者に多いのが、作業後に高額な追加費用を請求するケースです。「処分するゴミが予想以上に多かった」「見積り外の作業が増えた」などと称し、悪質な業者は相場の数倍もの料金を請求します。

見積りを短時間で済ませたり見積書の内訳項目が少なすぎたりする業者は、疑ってかかったほうが無難かもしれません。

横領

遺品整理にかこつけて、遺品を横領する悪質な業者もいます。「盗まれた」と思っても、証拠がなければ追求は困難です。業者が「やってない」と言えば、水掛け論で終わるでしょう。

このような事態を防ぐには、遺品整理前と後の様子を写真で残しておくことです。「証拠を撮っている」という姿勢をアピールしておけば、悪質な業者でも横領しにくくなるでしょう。

業務態度が悪い

悪質な業者を見分けるポイントとして、業者の業務態度もしっかりチェックしておきましょう。

遺品整理というのは亡くなった人の物を扱うデリケートな仕事です。言葉遣いや服装は慎ましくし、故人や遺族に失礼がないよう計らうのが、常識ある業者の態度ではないでしょうか。

しかし、そのような中でも電話応対の言葉が悪かったりお悔やみの一つも述べられなかったりする業者は、よい業者とは言えません。遺品整理を依頼しても不快な気分にさせられるケースが多いため、避けた方が無難でしょう。

良い業者を選ぶコツとは?

大切な人の遺品整理をお願いするなら、信頼のおける業者に依頼したいものです。悪質な業者を避け、良い業者を選ぶにはどんな点に注意すればよいのでしょうか。

複数の業者から見積りを取る

良質な業者を選ぶ際に重要なのが、複数の業者から相見積りを取ることです。見積りを1社からしかとらない場合、その価格が適正かどうか判断できません。同じ条件で複数社に見積りを依頼し、金額を比較してみましょう。

ただし、この時に気を付けたいのが、見積り総額だけを見ないということです。見積りで重要なのは、総額よりも内訳です。遺品整理に必要な作業が全て含まれているか、追加費用は発生しないかをきちんと確認しなければなりません。含まれていない作業があったり、曖昧な点があったりする場合は、すぐに業者に確認しましょう。

答えを誤魔化したり不遜に応対したりする業者なら、候補リストから外してしまってかまいません。作業にかかる費用を明確かつ分かりやすく説明してくれる業者なら、安心して任せられるでしょう。

資格の有無を確認

遺品整理そのものに必要な資格はありませんが、遺品整理に付帯する遺品の売却や不用品の処分については資格や許可が必要です。

例えば、遺品整理に伴って出るゴミを一括して処分場まで運べる資格が『一般廃棄物収集運搬業許可証』です。ゴミの処分までを行う業者なら、この資格を有しているか確認しましょう。

また、遺品の買取を行う業者なら『古物商許可証』が必須です。遺品の買取を依頼する際は、資格の提示を求めましょう。

さらに、『遺品整理士資格』は、遺品の取り扱いや遺品整理に関係する法律について講義を受け、合格した人だけが取得できる資格です。必ずしも必要な資格ではありませんが、この資格を持つ業者なら、遺品整理に関する適切な知識と整理方法を熟知していると考えられます。

対応が誠実かも重要

よい業者かどうかは、電話や直接会った時の対応や身だしなみで感じられます。

よい業者は、悲しみに直面した遺族に不快感を与えないよう、誠実に対応してくれるはずです。業者の遺族へ対する言葉には思いやりが含まれているか、不明な点が無いよう誠実に説明してくれているかなど、よく見ておくことをおすすめします。

一方で、悪質な業者は、態度や事使いが不遜な場合がほとんどです。依頼主と意見が対立した場合、暴言を吐いたり怒り出したりして依頼主を威圧するため、不快な気分を味わわされるでしょう。

業者の態度や対応を見て、「遺族に親身ではない」と感じるなら、その業者とは関わらないほうがベターです。

まとめ

遺品整理は自力でもできますが、物の量や家の広さによってはかなりの時間と労力が必要となります。時間や手間を節約するなら、業者に依頼する方が無難でしょう。

ただし、近年は悪質な業者が増えており、トラブルも散見されます。業者を選ぶ際は相見積りを取り、内容に納得できる業者を選ばなければなりません。

また、業者が遺品整理や不用品処分に必要な資格をもっているかどうかも重要なポイントです。事前にきちんと確認し、トラブルなく遺品整理を終えましょう。